« 今週の読書 | トップページ | 法人企業統計に見る企業経営環境は賃上げと設備投資の増加を許容するか? »

2013年12月 1日 (日)

小曽根真とゲイリー・バートンのデュオ「タイム・スレッド」を聞く

photo

収録曲は以下の通りです。最後の曲がスタンダードである以外はすべて小曽根の作曲になるオリジナルだそうです。

  1. Fat Cat
  2. Stompin' At B.R.C.
  3. Lee's Party
  4. Sol Azteca
  5. Italpark
  6. Hearts in Langenhangen
  7. Popcorn Explasion
  8. Time Thread (For Bill Evans)
  9. Suite One Long Day in France Part I One in The Morning - I Hear a Trouble!
  10. Suite One Long Day in France Part II Cordon Bleu
  11. Suite One Long Day in France Part III Deux Petites Voitures Francaises - The Concert
  12. I Hear a Rhapsody

今年の5月か6月くらいに出た新譜ですが、小曽根真とゲイリー・バートンのデュエットになる「タイム・スレッド」を聞きました。ピアノとバイブのこの2人のデュエットは、すでに3作目で、「ファイス・トゥー・フェイス」と「Virtuosi」が前作になります。9局目から11曲めの組曲は、私には意味が分かりませんでした。第55回グラミー賞を授賞されたチック・コリアとゲイリー・バートンのデュエット「ホット・ハウス」と聞き比べるのも一興かもしれません。いずれにせよ、我が国を代表するピアニストの新譜です。ジャズファンを自任するのであれば聞いておくべきです。

|

« 今週の読書 | トップページ | 法人企業統計に見る企業経営環境は賃上げと設備投資の増加を許容するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/54104604

この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真とゲイリー・バートンのデュオ「タイム・スレッド」を聞く:

« 今週の読書 | トップページ | 法人企業統計に見る企業経営環境は賃上げと設備投資の増加を許容するか? »