« 企業物価上昇率の鈍化が続く! | トップページ | クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! »

2014年10月15日 (水)

ピュー・リサーチ・センターの世論調査 Global Views of Economic Opportunity and Inequality

やや旧聞に属する話題ですが、私が時折参照している世論調査機関であるピュー・リサーチから10月9日に「経済的機会と不平等に関する世界の見方」 Global Views of Economic Opportunity and Inequality と題するリポートが公表されています。調査は "based on 48,643 interviews in 44 countries with adults 18 and older, conducted from March 17 to June 5, 2014" だそうです。経済的な不平等が最大 biggest ではないとしても大きな問題であると認識されており、当然のことながら、将来に対しては先進国よりも新興国や途上国の方が楽観的に見通しています。成功のカギは教育と勤労であると見なされているのは世界各国に共通しているように見えます。これでリポートの概要紹介は終わりなんですが、以下、ごく簡単に図表を引用したいと思います。

photo

不平等が大きな問題であるという点に関しては先進国も新興国・途上国も共通していますが、最大の問題ではないという点についても共通しています。すなわち、先進国・新興国・途上国を3分割して、この3つのエリアそれぞれの平均で見ても、雇用不足が貧富の格差よりも大きな問題との結果が示されており、中でも、先進国では公的債務が、新興国や途上国では物価上昇が、それぞれ貧富の格差よりも大きな問題と見なされています。

photo

続いて、次の世代の将来が現在よりも改善されているかどうかに関する問いの結果が上のグラフの通りです。当然ながら、先進国よりも新興国や途上国で改善を見込む楽観的な比率が高い結果が示されています。先進国の中でもとりわけ日本では楽観的な見方のシェアが低く、フランスとほぼ並んでいます。大陸欧州はドイツを除いて景気の現況がほぼ最悪の状態で、経済だけを見れば日本は大陸欧州よりはマシだと考えていたんですが、いろいろな要因が作用して、というか、おそらく世代間不公平の程度が他の先進国と比較して圧倒的に将来世代に不利になっているため、日本では将来への明るい見通しを持ちにくいんではないかと想像しています。繰返しになりますが、日本では世代間不公平を主因として、フランスでは景気の現状を主因として、それぞれ明るい将来見通しを示しにくくなっているような気がします。

photo

続いて、先行きの人生で成功するための重要な要因を問うた結果が上の表の通りです。複数回答を許容し、具と字がトップの回答を示しています。順番の違いはあるものの、基本的には、教育と勤労という結果が示されています。それ以外は、表頭の左から順に、人脈、幸運、資産家の家族、男性であること、賄賂、となっていますが、ポーランドやウガンダなどのいくつかの国で幸運がトップに上げられていたりします。割合としてそれほど高くありませんが、多くの国では勤労よりも教育の回答シェアが高い一方で、日本では教育ではなく勤労がトップになっており、ややアングロ・サクソン的な見方だという気がしないでもありません。

photo

最後に、このピュー・リサーチがその昔から追っている質問で、自由市場への支持を問うた結果が上のグラフの通りです。日本は伝統的に自由市場への支持が低い結果が示されています。どうでもいいことながら、自由市場の反対概念は社会主義だと私は長らく考えており、その社会主義を標榜するベトナムと中国が世界を見渡しても自由市場への支持がもっとも高い国のひとつである点に、どうも不思議な感慨を持ってしまいます。

いつもながら、ピュー・リサーチの実施する各国横断的な世界世論調査結果はとても興味深く、いろんな情報を明らかにしてくれます。同じピュー・リサーチのサイトにはpdfの全文リポートもアップされています。何らご参考まで。

|

« 企業物価上昇率の鈍化が続く! | トップページ | クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/57679017

この記事へのトラックバック一覧です: ピュー・リサーチ・センターの世論調査 Global Views of Economic Opportunity and Inequality:

« 企業物価上昇率の鈍化が続く! | トップページ | クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! »