« クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! | トップページ | JETRO から Santiago Style が発行される! »

2014年10月16日 (木)

今年の「スポーツマーケティング基礎調査」を読む

昨夜と同じく、これまた旧聞に属する話題かもしれませんが、マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが毎年実施している「スポーツマーケティング基礎調査」の今年の調査速報が10月9日に発表されています。まず、リポートからトピックスを8点引用すると以下の通りです。

トピックス
  • スポーツ参加市場規模は約2.7兆円に増加。「観戦」「施設利用・会費」市場の増加による。
  • スタジアム観戦の支出額: 年間37,429円で、昨年より35.5%増。
  • スポーツ関連メディア市場は2,615億円で、昨年より13.8%増。
  • 最も好きなスポーツは野球。錦織選手の活躍でテニスの人気が上昇。
  • スポーツブランドでは、ナイキ、アディダス、ニューバランスなどの海外ブランドが人気。
  • 好きなスポーツ選手は11年連続でイチロー選手が1位。錦織選手が3位へ躍進。
  • プロ野球ファン人口は3,128万人に減少。サッカー日本代表のファンは3,774万人で減少傾向続く。
  • スポーツを目的とした観光・旅行を経験したことがあるのは2人に1人。

とても興味深い結果だと思います。今夜は帰宅が遅くなりましたので、私の興味に従ってごく簡単に図表を引用して、この調査結果を私なりにナナメに読んだ結果を紹介したいと思います。

photo

まず、リポートから 図表1. スポーツの位置付け のグラフを引用すると上の通りです。これだけを見ると、やや無関心層が増加してスポーツ市場は縮小しているんではないかと心配になるんですが、最初に引用したトピックの通り、スポーツ参加市場規模は2兆7,127億円と昨年の2兆5,861億円から増加しており、スタジアム観戦の支出額にいたっては年間37,429円で、昨年より35.5%増を記録しています。好きなスポーツは1位野球、2位サッカーは不動のツートップですが、今年は3位にスケート・フィギュアスケートを抜いてテニスが入りました。全米オープンで準優勝した錦織選手の効果かもしれません。錦織選手は「好きなスポーツ選手」の調査結果でもでも去年の4位から今年は3位に順位を上げています。でもさすがに、スポーツ・ブランドにユニクロは入らず、1位ナイキ、2位アディダスは各年齢層を通じて支持を集めているようです。

photo

次に、リポートから 図表8. 日本のプロ野球、サッカー日本代表、なでしこジャパン、Jリーグチームのファン人口の推移 のグラフを引用すると上の通りです。何と言わず、日本全体の人口減少とともに減っているように見えます。ファン人口が減少傾向にあるにもかかわらず、観戦支出額が増加しているのはファン1人1人が熱心に観戦しているからにほかなりません。また、プロ野球のファン総数は3,128万人と推計されており、上位5球団は以下の通りです。

1位
読売ジャイアンツ (889万人)
2位
阪神タイガース (608万人)
3位
広島東洋カープ (292万人)
4位
中日ドラゴンズ (288万人)
5位
福岡ソフトバンクホークス (279万人)

photo

次に、リポートから 図表15. スポーツを目的とした観光・旅行のスポーツ種目 のグラフを引用すると上の通りです。旅行でスポーツをしに行くとすればスキーではないかと思ったんですが、キャンプなどを見に行くのも含めれば、やっぱり、日本ではまだまだ野球の人気は衰えを知りません。「経験したことがある」でも、「経験したい」でも、いずれもトップシェアを誇っています。私が実際にやってるスポーツでは水泳が週に2回くらいでトップシェアなんですが、この調査で水泳がトップを占めたのは「子どものスポーツ活動の一番人気」だったりします。

定点調査のように毎年報告されている「スポーツマーケティング基礎調査」ですから、大きな変化は見られないものの、スポーツの秋には欠かせないリポートです。エコノミストとして、いつも参考のために拝見しています。

|

« クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! | トップページ | JETRO から Santiago Style が発行される! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/57689054

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の「スポーツマーケティング基礎調査」を読む:

« クライマックス・シリーズのファイナル・ステージで巨人に先勝! | トップページ | JETRO から Santiago Style が発行される! »