« 景気動向指数に見る我が国景気は着実に回復中! | トップページ | 映画「ジョーカー・ゲーム」を見に行く! »

2015年3月 7日 (土)

米国雇用統計は極めて堅調に推移し為替市場で円安が進む!

日本時間の昨夜、米国労働省から2月の米国雇用統計が公表されています。ヘッドラインとなる非農業部門雇用者数は前月から+295千人増加し、失業率は前月から▲0.2%ポイント低下して5.5%とさらに低下しました。いずれも季節調整済みの系列です。まず、New York Times のサイトから記事を最初の8パラ引用すると以下の通りです。

U.S. Economy Added 295,000 Jobs in February, but Wages Continued to Lag
The economy gained fresh momentum last month as the Labor Department reported on Friday that employers added 295,000 workers in February, far exceeding expectations, and the unemployment rate took another dip. But wage gains continued to lag, rising only 2 percent from a year earlier.
The unemployment rate fell to 5.5 percent, its lowest since mid-2008, down from 5.7 percent in January. Last month, wages rose just 0.1 percent, according to the Labor Department, a disappointment coming off an increase of 0.5 percent in January.
Despite the disappointing wage numbers, the report prompted a new round of optimism about the economy’s recovery and spurred more talk on Wall Street that the Federal Reserve might raise interest rates at its June meeting rather than wait until September. The news prompted a rise Friday morning in the yield on 10-year bonds and a dip in the stock market, where investors fear that higher interest rates will take a bite out of corporate profits.
"We were all on guard for signs of a February freeze-up, but this is a barn burner of a jobs report," said Mark Hamrick, an analyst at the personal finance site Bankrate.com. "The Fed will say the pieces are coming together."
Job growth last month came particularly from the service sector, with leisure and hospitality adding 66,000 jobs, as well as an expansion of 54,000 jobs in education and health. Construction added 29,000 jobs in February, while manufacturing increased by just 8,000.
Still, one consistently dark patch in the recovery has been the sluggish growth of wages. Average hourly wages for private-sector workers have been rising slowly, at around 2 percent annually, for the last few years.
Slow wage growth suggests that the economy is still far from returning to its potential and is a big factor behind the feeling of many Americans that the recovery has left them behind.
At the same time, millions of potential workers remain detached from the job market. The labor force participation rate fell slightly, dropping to 62.8 percent, from 62.9 percent.

やや長いものの、包括的によく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門、下のパネルは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。全体の雇用者増減とそのうちの民間部門は、2010年のセンサスの際にかなり乖離したものの、その後は大きな差は生じていません。

photo

市場の事前コンセンサスが非農業部門雇用者の増加数で240千人、失業率で5.6%と見られていましたので、いずれも実績はこれを上回る好調さを見せつけられた形です。昨年12月から前月2月までの3か月間での雇用者増は月平均で288千人に達し、どこから見ても、米国の雇用は非常に堅調といえます。セクター別の雇用者数の増加を見ると、ヘルスケアの+32.8千人増はいつも増加しているとしても、小売が+32.0千人増、運輸・倉庫が+18.5千人増、卸売が+11.7千人増と、ガソリン価格の下落もあって、いかにも個人消費が景気を牽引している姿が浮かび上がっています。この堅調な米国雇用を受けて、金融市場では米国連邦準備制度理事会(FED)の利上げ姿勢が強まるとの観測が流れ、円ドル為替が円安に振れています。3月6日のニューヨーク市場では1ドル121円近くまで円安ドル高が進んだと、日経新聞のサイトで報じられていたりします。

photo

また、日本の経験も踏まえて、もっとも避けるべきデフレとの関係で、私が注目している時間当たり賃金の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです。ならして見て、ほぼ底ばい状態が続いている印象です。サブプライム・バブル崩壊前の+3%超の水準には復帰しそうもないですが、まずまず、コンスタントに+2%のライン周辺で安定していると受け止めており、少なくとも、底割れしてかつての日本や現在の欧州ユーロ圏諸国のようにゼロやマイナスをつけてデフレに陥る可能性は小さそうに見えます。

|

« 景気動向指数に見る我が国景気は着実に回復中! | トップページ | 映画「ジョーカー・ゲーム」を見に行く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/59175681

この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計は極めて堅調に推移し為替市場で円安が進む!:

« 景気動向指数に見る我が国景気は着実に回復中! | トップページ | 映画「ジョーカー・ゲーム」を見に行く! »