« 東京ドームで巨人にまず完勝! | トップページ | 映画「風に立つライオン」を見に行く! »

2015年4月 4日 (土)

雇用改善が大きく減速した米国雇用統計から何を読み取るべきか?

日本時間の昨夜、米国労働省から3月の米国雇用統計が公表されています。季節調整済みの系列で見て、非農業部門雇用者は前月から+126千人増加し、失業率はさらに前月と同じ水準の5.5%を記録しました。まず、New York Times のサイトから最初の6パラだけ記事を引用すると以下の通りです。

U.S. Economy Gained 126,000 Jobs in March, an Abrupt Slowdown in Hiring
The yearlong streak of robust monthly job creation was broken on Friday with the Labor Department's report that employers added just 126,000 workers in March, a marked slowdown in hiring that echoed earlier signs that sluggish business investment and punishing weather were exacting a toll on the economy.
Analysts blamed the plunge in oil prices as well as the pall cast by a difficult winter across the Northeast and Midwest, a combination that put a crimp on spending in the energy patch and held back consumer spending and construction.
Still, this new report presents only a limited snapshot, and many said they expected the economy to regain at least some of its momentum later this year.
"The American energy industry is adjusting very quickly to low oil prices, and we've seen this in the counts of the number of rigs that are active," said Carl R. Tannenbaum, chief economist at the Northern Trust Company. "The bad news is we're losing some jobs. The good news is, we hope, that the average consumer is saving a tremendous amount of money in lower gasoline prices."
The unemployment rate held steady at 5.5 percent. Hourly wages, in one of the few bright spots in the report, rose 0.3 percent for private sector workers in March, after a meager 0.1 percent rise in February. But hours worked were down slightly, so overall paychecks were left essentially flat.
The slowdown in job creation reinvigorated the debate about when the Federal Reserve will raise interest rates above their near-zero level, where they have remained since 2008. Many Wall Street analysts argued that the murky jobs picture was likely to reinforce the view among the Fed's more dovish policy makers that rates should stay put at least until the end of the summer because the economy may not be strong enough to stand on its own.

やや長いものの、包括的によく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門、下のパネルは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。全体の雇用者増減とそのうちの民間部門は、2010年のセンサスの際にかなり乖離したものの、その後は大きな差は生じていません。

photo

米国雇用統計の雇用増は一部に減速するのではないかとの検測もあったものの、引き続き堅調な見方が強く、市場の事前コンセンサスは+250千人増くらいを示していたので、かなり大きな減速と受け止めています。厳寒だった今冬の気象条件にもかかわらず、1-2月の雇用にはそれほどの下押し圧力が見られなかった分、ドカンと来たようなきがしないでもありません。また、別の論評では、国際商品市況における原油価格の大幅な下落に米国経済は極めて素早く調整し切ってしまった、というか、ドル安も含めて製造業や建設業の雇用に少し悪影響が出ている可能性を指摘する意見も見られます。米国は世界でも有数の産油国であり、まったく石油を産出しない我が国と原油価格の影響に関する状況はかなり違うのは当然です。ただ、米国でも雇用の大きな部分は非製造業であり、教育、ヘルスケア、小売などは引き続き堅調に雇用を伸ばしています。いずれにせよ、今年後半から連邦準備制度理事会(FED)が利上げに踏み切るとの見方もありましたが、この雇用統計を見て今後のテイパリングの方向性が見極めにくいと受け止める向きも少なくないような気がします。実際に統計を見て、為替市場でやや円高が進んだのも事実です。

photo

また、日本やユーロ圏欧州の経験も踏まえて、もっとも避けるべきデフレとの関係で、私が注目している時間当たり賃金の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです。ならして見て、ほぼ底ばい状態が続いている印象です。サブプライム・バブル崩壊前の+3%超の水準には復帰しそうもないですが、まずまず、コンスタントに+2%のライン周辺で安定していると受け止めており、少なくとも、底割れしてかつての日本や現在の欧州ユーロ圏諸国のようにゼロやマイナスをつけてデフレに陥る可能性は小さそうに見えます。

|

« 東京ドームで巨人にまず完勝! | トップページ | 映画「風に立つライオン」を見に行く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/59517719

この記事へのトラックバック一覧です: 雇用改善が大きく減速した米国雇用統計から何を読み取るべきか?:

« 東京ドームで巨人にまず完勝! | トップページ | 映画「風に立つライオン」を見に行く! »