« 米国雇用統計は堅調に推移し利上げが近づいているのか? | トップページ | 先週の読書感想文はアンガス・マディソン『世界経済史概観』ほか »

2015年8月 8日 (土)

先発藤浪投手が横浜を7回2失点に抑えて再び首位に!!

  HE
阪  神140000000 5130
横  浜200000000 270

派手に打ち合って得点したのは2回までで、その後は音無しの構えでしたが、藤浪投手が7回を2失点に抑えて横浜に勝利でした。8回は福原投手、9回は呉投手と、安藤投手を休ませつつ、勝利の方程式が機能してくれました。打つ方は昨夜も今日もそれなりにヒットが出て塁上を賑わすんですが、残塁の多いいつもの阪神の攻撃だという気がします。

明日は先発岩崎投手の今季初勝利目指して、
がんばれタイガース!

|

« 米国雇用統計は堅調に推移し利上げが近づいているのか? | トップページ | 先週の読書感想文はアンガス・マディソン『世界経済史概観』ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/61088230

この記事へのトラックバック一覧です: 先発藤浪投手が横浜を7回2失点に抑えて再び首位に!!:

» 虎 序盤の得点でやり返す [ウル虎の★]
残塁も多かった [続きを読む]

受信: 2015年8月 8日 (土) 21時49分

» 阪神、逆転勝ちで首位奪還 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
昨日は4ー7で敗れた。 先発がメッセンジャーの時は勝っておきたかったが、、、。 阪  神|140|000|000|5 DeNA|200|000|000|2 先発藤浪は7回を投げて2失点と好投。 あとを福原→呉で締めた。 打線は2回表に繋がり、すぐに逆転。 その後...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 8日 (土) 22時19分

» 〔阪神タイガース〕先発陣がバテ気味!でも悪徳ジャイのように不正投球はダメ。ゼッタイ。 [しっとう?岩田亜矢那]
昨日のメッセと言い、今夜の晋太郎と言い、 かなりバテてるんやろうな〜。 連日の猛暑、特にタイガースはこれで8試合連続屋根なし球場が続いてるし。 やっぱり悪徳ジャイのように空調で涼しく、ドームランの悪巧みも出来る、 ドーム球場をフランチャイズにしてると体力的...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 8日 (土) 22時26分

» 生観戦!横浜スタジアムでタイガース勝利、藤浪9勝目!! [デラシネ(deracine)]
1ヶ月ぶりのタイガース生観戦は横浜スタジアム。 金曜日は負けましたが今日はタイガース勝ちました!!! 先発藤浪が初回あまりに不安定でこの先どうなるのやら、と思いましたが、2点で踏ん張り、 3回の満塁のピンチをしのぐと、その後は尻上がりに調子を上げて、4回以降...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 00時42分

» 第100戦 ( T 5-2 DB ) 首位らしいです [原始人の日記・ぼやき・独り言]
初回表、高崎を攻めて、先頭打者安打からマートンの適時打で先制。 初回裏の藤浪、先頭打者四球から筒香・ロペスに連続適時打を浴びて逆転されます。 二回表、先頭打者から3連打で同点に。更に、相手のミスもあり、この回4得点、5vs2。 三回裏の藤浪、二死満塁を背負…... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 07時12分

» 【阪神】DeNAにリベンジ!【2015観戦試合?】 [ FUKUHIROのブログ・其の参]
(横浜) 阪  神140 000 000=5 DeNA200 000 000=2 <投手> (神)藤浪−福原−呉昇桓 (D)高崎−高橋尚−大原−三上−エレラ ○藤浪9勝5敗 S呉昇桓2勝2敗31S ●高崎2勝2敗 今季11試合目の現地観戦。逆転されたら取り返す...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 10時06分

» 打線が繋がり、見事な逆転勝ち [自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース]
ここのところの猛暑で完全に夏バテ。TV中継で写るハマスタ名物のみかん氷がすごく美味そうに見える。 [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 15時17分

» 打線が繋がり、見事な逆転勝ち [虎談巷説 阪神タイガース的日常]
ここのところの猛暑で完全に夏バテ。TV中継で写るハマスタ名物のみかん氷がすごく美味そうに見える。 [続きを読む]

受信: 2015年8月 9日 (日) 15時17分

« 米国雇用統計は堅調に推移し利上げが近づいているのか? | トップページ | 先週の読書感想文はアンガス・マディソン『世界経済史概観』ほか »