« 今週の読書はエーコ『異世界の書』など8冊! | トップページ | 2017年度までの我が国の短期経済見通しやいかに? »

2015年12月20日 (日)

週末ジャズはキャノンボール・アダレイの「サムシン・エルス」を聞く!

photo

今週末のジャズはキャノンボール・アダレイの「サムシン・エルス」です。1958年にブルーノートからリリースされたアルバムです。ボーナス・トラックを除いたオリジナルのLPに収録されていた曲の構成は以下の通りです。

  1. Autumn Leaves
  2. Love for Sale
  3. Somethin' Else
  4. One for Daddy-O
  5. Dancing in the Dark

キャノンボール・アダレイのリーダー・アルバムとされていますが、実態はCBSと契約していたマイルス・デイビスがリーダーだったともいわれています。ですから、アルバムと同名の3曲目の作曲はマイルス自身だったりします。1曲目と2曲目と最後の6曲目はスタンダード、4曲目はキャノンボールの弟のナット・アダレイの曲です。なお、演奏メンバーはアルト・サックスのキャノンボール・アダレイ、トランペットのマイルス・デイビスのほか、リズム・セクションは、ピアノがハンク・ジョーンズ、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムスがアート・ブレイキーの豪華陣です。また、キャノンボールとマイスルがコラボしたアルバムには、かの1959年の「カインド・オブ・ブルー」があります。モード・ジャズの劈頭を飾った名盤であり、コルトレーンも参加しています。おそらく、今年2015年7月12日付けのカーティス・フラー「ブルースエット」、8月2日付けのソニー・ロリンズ「サキソフォン・コロッサス」と、この「サムシン・エルス」の3枚は、ジャズの名盤トップテンに何を差し置いても入るんだろうと私は考えています。シンプルなジャケットも秀逸です。

|

« 今週の読書はエーコ『異世界の書』など8冊! | トップページ | 2017年度までの我が国の短期経済見通しやいかに? »

コメント

私の愛するアルバムのひとつであります。イライラした時に聴くと、心が休まりますし、疲れた時に聞いても慰めてくれます。歴史に残る名盤だと思いますね。

投稿: kincyan | 2015年12月22日 (火) 04時09分

まったく同感です。
モダンジャズ史に残る名演の名盤であることは間違いありません。

投稿: ポケモンおとうさん | 2015年12月22日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/63035711

この記事へのトラックバック一覧です: 週末ジャズはキャノンボール・アダレイの「サムシン・エルス」を聞く!:

« 今週の読書はエーコ『異世界の書』など8冊! | トップページ | 2017年度までの我が国の短期経済見通しやいかに? »