« 堅調な雇用増を示した米国雇用統計は米国の利上げをサポートするか? | トップページ | 先週の読書は想定外を考察する『ケインズ対フランク・ナイト』をはじめ6冊ほど! »

2016年1月 9日 (土)

英国エコノミスト誌の Big Mac Index に見る為替の購買力平価やいかに?

photo

最新号の英国エコノミスト誌に、久し振りに、Big Mac Index が取り上げられています。上の画像の上のパネルの通りです。私の記憶では、この指標では買った日本の購買力平価はほぼ市場レートに一致していたんですが、アベノミクスの第1の矢の金融緩和に伴う円の減価により、市場レートほどの値上げが見られなかったような結果を示しています。そのため、下のパネルで円が減価したにもかかわらず輸出数量が伸びず競争力が強化されていない、との事実を示すグラフも添付されていたりします。参考まで、以下に引用元を示しておきます。

|

« 堅調な雇用増を示した米国雇用統計は米国の利上げをサポートするか? | トップページ | 先週の読書は想定外を考察する『ケインズ対フランク・ナイト』をはじめ6冊ほど! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/63387531

この記事へのトラックバック一覧です: 英国エコノミスト誌の Big Mac Index に見る為替の購買力平価やいかに?:

« 堅調な雇用増を示した米国雇用統計は米国の利上げをサポートするか? | トップページ | 先週の読書は想定外を考察する『ケインズ対フランク・ナイト』をはじめ6冊ほど! »