« 2015年10-12月期1次QEは前期比年率▲1.4%のマイナス成長! | トップページ | 本日公表の機械受注は先行き設備投資の増加を示唆しているか? »

2016年2月16日 (火)

楽天リサーチ調査による「バレンタインデーにチョコレートを欲しくない理由」やいかに?

一昨日2月14日は世間ではバレンタインデーでした。ということで、いくつかバレンタインに関するアンケート調査の結果が明らかにされていますが、とても旧聞に属する話題ながら、2月8日に楽天リサーチから「バレンタインデーに関する調査」結果が発表されていますので取り上げたいと思います。というのは、いくつかある中で、楽天リサーチの結果は、「バレンタインデーにチョコレートを欲しくない理由」を調査しているからです。その結果のグラフは以下の通りです。楽天リサーチのサイトから引用しています。

photo

実は、この問いの前段があって、今年のバレンタインデーにチョコレートは欲しいかどうかを問うています。「はい」の回答が44.6%、「いいえ」が42.1%とかなり拮抗しています。残りの13.3%は「わからない」です。ただし、「はい」は明らかに20代から60代に向かって比率を低下させている一方で、「いいえ」は逆に60代でもっとも多くなっています。という前提で、上のグラフはとても正直にバレンタインデーにチョコレートを欲しくない男性の気持ちを表していると受け止めています。まったく、私もこの楽天リサーチの調査結果の通りです。
バレンタインで「チョコを欲しくない」というと、酒飲みだからとか、甘いものが好きではない、といわれる場合もあるんですが、私は余り酒は飲まず、甘いもの、特にチョコは大好きです。でも、その昔に「義理チョコ」と称された慣習は、そろそろ廃れつつあるようで、今年の場合、バレンタインデーが日曜日だったから、という理由もあるのかもしれませんが、私のオフィスでは「義理チョコ」は配られませんでした。役所でも年賀状のやり取りがほぼなくなって久しいんですが、バレンタインデーの「義理チョコ」とホワイトデーの「お返し」も早く廃れて欲しい気がします。

|

« 2015年10-12月期1次QEは前期比年率▲1.4%のマイナス成長! | トップページ | 本日公表の機械受注は先行き設備投資の増加を示唆しているか? »

コメント

確かにこの風習は早く廃れてほしいです。私の仕事場では以前は女性スタッフが10人位いたことがあり、面倒なんで「BDのチョコ禁止令」をだしていましたが、いつの間にか復活してしまいました。

そんなわけで今年も2つ頂戴してしまいました。子供のほうは3人共ゼロだった様子です。

学校のほうは中1は今日まで1週間インフルエンザのため学年閉鎖でしたが、男子校なんで関係ありません。長男は予備校、次男は共学校に行ってますが、そちらでの収穫もなかったようです。

投稿: YH | 2016年2月17日 (水) 17時35分

まったくです。
自分で禁止令が出せるような職場ならいいのかもしれませんが、私のような公務員の勤務する役所では、閉鎖的というか、集団主義的ですから、私だけが義理チョコを拒否したり、ホワイトデーのお返しをしなかったりするのは難しそうですし、ましてや、毎年2月14日を休むというのもムリそうです。早く世間一般の風潮として廃れて欲しいと思います。

投稿: ポケモンおとうさん | 2016年2月17日 (水) 19時39分

バレンタインは「B」ではなく「V」でしたね。

今年は2月末日で退職して地方に行ってしまうスタッフさんからも戴いてしまいました。ホワイトデーにお返しできないのがちょっと気がかりです。まあ期日指定で送ることもできますが、そこまでは・・・

投稿: YH | 2016年2月18日 (木) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/63967786

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天リサーチ調査による「バレンタインデーにチョコレートを欲しくない理由」やいかに?:

« 2015年10-12月期1次QEは前期比年率▲1.4%のマイナス成長! | トップページ | 本日公表の機械受注は先行き設備投資の増加を示唆しているか? »