« 今週の読書はマルクス主義経済学の専門書など計8冊! | トップページ | 1月の機械受注はイレギュラーな大型案件で大幅増! »

2016年3月13日 (日)

週末ジャズはデクスター・ゴードン GO! を聞く!

photo

週末ジャズはデクスター・ゴードン、GO! です。力強く男性的なテナー・サックスが朗々と鳴り響きます。サイドを固めるのはピアノにソニー・クラーク、ベースにブッチ・ウォレン、ドラムスにビリー・ヒギンスが配されています。ソニー・クラークはすべての曲でソロを取っています。まず、曲の構成は以下の通りです。1曲目だけがゴードンご本人のオリジナルで、4曲目は有名なスタンダード曲です。

  1. Cheese Cake
  2. Guess I'll Hang My Tears Out to Dry
  3. Second Balcony Jump
  4. Love for Sale
  5. Where Are You?
  6. Three O'Clock in the Morning

デクスター・ゴードンは、1923年に生まれて1990年に亡くなったテナー・サックスの巨匠ですが、デビューした1940年代のビパップ全盛期に、チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエルらと共演して、Dexter Rides Again などのアルバムでいくつかヒットを飛ばした後、1950年代はドラッグの影響などにより不調の時期が続きましたが、1960年代に入って欧州での演奏を始め、また復活しています。このアルバムは1962年の録音ですし、その翌年1963年に吹き込んだ Our Man in Paris はバド・パウエルとの共演ということもあって、かなりの売上げを記録したとされています。でも、どちらかといえば、私は Our Man in Paris よりも、この GO! の方が好きです。というのは、冒頭に Cheese Cake が入っているからだったりします。少し人を食ったような曲なんですが、ジャズ・ファンでなくても、何となく耳に残る曲であり、ホントはそうでなくても、以前に聞いたような謎の経験が残っていたりする不思議な曲です。下の動画はその曲です。

|

« 今週の読書はマルクス主義経済学の専門書など計8冊! | トップページ | 1月の機械受注はイレギュラーな大型案件で大幅増! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/64401891

この記事へのトラックバック一覧です: 週末ジャズはデクスター・ゴードン GO! を聞く!:

« 今週の読書はマルクス主義経済学の専門書など計8冊! | トップページ | 1月の機械受注はイレギュラーな大型案件で大幅増! »