« 長時間の乱打戦を制してオールスター後の初勝利を飾る! | トップページ | 企業向けサービス物価上昇率は小幅なプラスで膠着状態が続く! »

2016年7月25日 (月)

貿易収支が黒字に戻った6月の貿易統計をどう見るか?

本日、財務省から6月の貿易統計が公表されています。ヘッドラインとなる輸出額は季節調整していない前年同月比で▲7.4%減の6兆255億円、輸入額はさらに減少幅大きく▲18.8%減の5兆3326億円、差引き貿易収支は+億円の黒字となっています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

6月の貿易収支、黒字6928億円 1-6月は東日本大震災後初の黒字
財務省が25日発表した6月の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は6928億円の黒字(前年同月は609億円の赤字)だった。貿易黒字は2カ月ぶり。QUICKがまとめた市場予想は4948億円の黒字だった。輸出入ともに減少したものの、原油価格の下落の影響が大きかったため黒字を確保した。併せて発表した1-6月の貿易収支は原油安が奏功し、東日本大震災が発生した2011年上半期以来続いていた赤字基調から回復。半期ベースでは11期ぶりの黒字を確保した。
輸出額は前年同月比7.4%減の6兆254億円となり、9カ月連続で減った。米国向けの自動車やインド向けの鉄鋼などの減少が響いた。地域別では米国向けが6.5%減、中国を含むアジア向けが10.6%減だった。英国の離脱が決まった欧州連合(EU)は0.4%の減少で、財務省は「投票が下旬だったことで、影響はあまり出ていない」とみていた。対ドルの円相場は平均値で108.48円と前年同月に比べ11.8%の円高だった。
輸入額は18.8%減の5兆3326億円と、18カ月連続のマイナスだった。原油安が続いており、サウジアラビアなどからの原粗油、カタールからの液化天然ガス(LNG)などが減った。タイからのナフサの輸入額も落ち込んだ。
併せて発表した1-6月の貿易収支は1兆8142億円の黒字だった。原油安効果で10年下半期(3兆3124億円の黒字)以来の黒字を確保した。輸出額は前年同期比8.7%減の34兆5183億円と2期連続で減った。輸入額は17.2%減の32兆7041億円にとどまり、3期連続で減少した。

いつもの通り、包括的によく取りまとめられた記事だという気がします。次に、貿易統計のグラフは以下の通りです。上下のパネルとも月次の輸出入を折れ線グラフで、その差額である貿易収支を棒グラフで、それぞれプロットしていますが、上のパネルは季節調整していない原系列の統計であり、下は季節調整済みの系列です。輸出入の色分けは凡例の通りです。

photo

先月の貿易統計発表時に、貿易赤字はさしたる懸念なしと私は考えていて、事実、今月の公表では黒字に戻っています。問題は、むしろ、輸出も輸入もいずれも減少しつつ、いわば「縮小均衡」的に貿易収支が小幅に動いているだけであり、要するに輸出が伸びない点です。しかも、輸入額の減少は国際商品市況における石油価格の下落に起因しており、石油価格次第では貿易収支は不安定で、いかようにも動きかねません。もちろん、為替も同じく不安定要因かもしれませんが、石油価格にせよ、為替にせよ、市場で決まる価格ですのでそれなりのボラティリティは覚悟すべきかもしれません。先行きの海外景気の回復に基づいて、貿易収支はかなりの程度に黒字が定着しつつあると私は考えていますが、価格要因はまだ不透明です。

photo

輸出のグラフは上の通りです。上のパネルは季節調整していない原系列の輸出額の前年同期比伸び率を数量指数と価格指数で寄与度分解しており、下のパネルはそのうちの輸出数量指数の前年同月比だけ抜き出しています。いつも使っているOECD先行指数については、EU離脱を決めた英国の国民投票結果の予期せぬイベントのために、OECDのステートメントによれば9月まで発表がなされないようですので、しばらくはグラフを差し替えています。上のパネルから明らかな通り、為替が円高に振れて輸出価格への下押し圧力が大きく、価格指数が輸出額を引き下げていますが、6月統計では久し振りに輸出数量指数がプラスに転じています。今後、このプラスがこのまま定着するとまでは楽観していませんが、海外経済の景気回復とともに輸出は緩やかに伸びる方向にあるものと私は期待しています。

最後に、来月の8月15日に内閣府から4-6月期のGDP速報1次QEが明らかにされますが、外需は成長率にプラス寄与し、その幅は+0.2%から+0.3%くらいではないかと直観的に弾き出しています。ご参考まで。

|

« 長時間の乱打戦を制してオールスター後の初勝利を飾る! | トップページ | 企業向けサービス物価上昇率は小幅なプラスで膠着状態が続く! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/66680748

この記事へのトラックバック一覧です: 貿易収支が黒字に戻った6月の貿易統計をどう見るか?:

« 長時間の乱打戦を制してオールスター後の初勝利を飾る! | トップページ | 企業向けサービス物価上昇率は小幅なプラスで膠着状態が続く! »