« 1年半振りに景況感が改善した日銀短観をどう見るか? | トップページ | マクロミル・ホノテによる「2016年 重大ニュース」やいかに? »

2016年12月15日 (木)

米国におけるトランプ次期大統領の評価やいかに?

やや旧聞に属する話題ながら、先週12月8日にピュー・リサーチ・センターからトランプ次期米国大統領に関する米国市民の受け止めに関して、Low Approval of Trump's Transition but Outlook for His Presidency Improves と題する世論調査結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。大統領選挙の結果を受けて、トランプ次期米国大統領への支持は上がらず、党派間、あるいは、民族間の軋轢が増す懸念すら広がっています。まず、ピュー・リサーチのサイトからリポートの最初の3パラを引用すると以下の通りです。

Nearly a month after Donald Trump's election as president, the public views his transition to the White House less positively than those of past presidents-elect. And while expectations for Trump's presidency have improved since before his victory, about as many Americans say Trump will be a poor or terrible president as a good or great one.
The latest national survey by Pew Research Center, conducted Nov. 30-Dec. 5 among 1,502 adults, finds that 40% approve of Trump's cabinet choices and high-level appointments, while 41% approve of the job he has done so far in explaining his policies and plans for the future.
In December 2008, 71% of Americans approved of Barack Obama's cabinet choices, and 58% expressed positive views of George W. Bush's high-level appointments in January 2001, prior to his inauguration. Similarly, higher shares approved of the way that both Obama (72%) and Bush (50%) explained their policies and plans for the future than say that about Trump today.

ということで、8年前のオバマ政権発足時、あるいは、16年前のブッシュ政権発足時と比べて、米国世論の目はトランプ次期大統領にやや冷たいようです。今夜のブログでは、ピュー・リサーチのサイトの Overview から図表を引用しつつ、簡単に紹介しておきたいと思います。

photo

まず、上のグラフは Low approval ratings for Trump's transition を引用しています。政権移行期の政策や計画に対する評価が上のパネルで、下は組閣で指名された閣僚に対する評価です。上の政策や計画に対する評価が特に低く、「蜜月」と称される選挙直後の熱気は感じられません。なお、2000年の米国大統領選挙で選出された当時のブッシュ大統領の場合は、ゴア候補との票のカウントでかなりもめましたので、その後遺症のようなものを感じ取ることが出来ますが、今回はそういったアクシデントもありませんでしたので、素直に当選大統領ご本人の政策の不人気なんだろうという気がします。下の閣僚候補者への評価も似たようなものかもしれません。

photo

次に、上のグラフは Public sees strong conflicts between many groups, especially partisans を引用しています。各種の選挙終了後は、さまざまなグループ間で融和策が図られるものですが、政党間、経済的な貧富間、白人と黒人間、などなどの各種グループの間で軋轢が増すかどうかを問うたところ、特に、党派間での対立が増すという回答が過半の56%に上っています。これに次ぐのが経済的な富者と貧者の間の軋轢です。こういった国民の間の融和をどのように図るのか、新米国大統領とそのスタッフの腕の見せどころかもしれません。

|

« 1年半振りに景況感が改善した日銀短観をどう見るか? | トップページ | マクロミル・ホノテによる「2016年 重大ニュース」やいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/68845026

この記事へのトラックバック一覧です: 米国におけるトランプ次期大統領の評価やいかに?:

« 1年半振りに景況感が改善した日銀短観をどう見るか? | トップページ | マクロミル・ホノテによる「2016年 重大ニュース」やいかに? »