« 今週末から始まる春節における訪日中国人消費動向予測やいかに? | トップページ | 堅調に伸びる輸出を背景に黒字を続ける我が国貿易の先行きリスクやいかに? »

2017年1月24日 (火)

トランプ政権下で米国における影響力を増す人々はどういったグループと見られているのか?

トランプ米国大統領が先週金曜日に就任式を終えたばかりですが、その就任式前の調査ながら、ピュー・リサーチ・センターから1月18日付けで、トランプ政権下でどういったグループが影響力を増すか、などにつき、Public Sees Wealthy People, Corporations Gaining Influence in Trump Era と題する世論調査結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。まず、ピュー・リサーチのサイトからリポートのサマリーの役目を果たしているように見える最初の3パラを引用すると以下の通りです。

As President-elect Donald Trump prepares to take office, the public has starkly different expectations about which groups in society will gain influence - and those that will lose influence - under his administration.
Nearly two-thirds of Americans (64%) say wealthy people will gain influence in Washington when Trump takes office. Just 8% say they will lose influence, while 27% expect the wealthy will not be affected.
In addition, about half of the public thinks whites (51%), men (51%) and conservative Christians (52%) will gain influence. Relatively small shares (no more than 15%) think any of these groups will lose clout in a Trump administration.

経済的な話題ではないかもしれませんが、新しい米国大統領の就任はエコノミストとしても注目されるところであり、いくつかグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo

まず、上のグラフはピュー・リサーチのサイトから Majorities expect the wealthy to gain influence - and the poor to lose influence - with Trump as president を引用しています。影響力を増しそうに考えられているのは、富裕層(64%)、保守的なキリスト教徒(52%)、白人と男性(ともに51%)、などであり、逆に、ヒスパニック(56%)や貧困層(55%)、あるいは、同性愛者(54%)は影響力を減じると見られています。面白いのは、あなたのような国民(People like yourself)は影響力を増す(27%)よりも減じる(40%)可能性の方が高いと考えられている点です。

photo

次に、上のグラフはピュー・リサーチのサイトから Most Americans think corporations and the military will increase influence with Trump in the White House を引用しています。主として、組織や団体を見ているわけです。企業(74%)や軍(64%)が影響力を増す一方で、環境保護団体(60%)や労働組合(54%)が影響力を減じると見られています。まあ、これも妥当な気がします。前のグラフと結合させてしまった方がよかったかもしれません。

photo

最後に、上のグラフはピュー・リサーチのサイトから Views about which groups will increase influence are similar for Trump as for Bush, but fewer expect children, older people, blacks to gain under Trump を引用しています。クリントン政権以降の歴代の大統領の傾向を見ているわけです。民主党の大統領と共和党の大統領が交互に並んでいるので一目瞭然なんですが、特に直近で前のオバマ前大統領と現在のトランプ大統領を比較すると、企業や軍が影響力を増す一方で、若年層と貧困層と黒人、あるいは、環境保護団体などがトランプ政権下では影響力を低下させると見られているのが明らかです。もちろん、こういった傾向は同じ共和党のブッシュ元大統領との比較でも同様なんですが、国民の目から見て、トランプ大統領の政権下ではさらにこういった共和党的な影響力のスウィングの度合いが大きい、と見られていることも確かです。

|

« 今週末から始まる春節における訪日中国人消費動向予測やいかに? | トップページ | 堅調に伸びる輸出を背景に黒字を続ける我が国貿易の先行きリスクやいかに? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/69317309

この記事へのトラックバック一覧です: トランプ政権下で米国における影響力を増す人々はどういったグループと見られているのか?:

« 今週末から始まる春節における訪日中国人消費動向予測やいかに? | トップページ | 堅調に伸びる輸出を背景に黒字を続ける我が国貿易の先行きリスクやいかに? »