« 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! | トップページ | インテージ調査による「スマートテレビのログデータから見た都道府県別視聴実態」の結果やいかに? »

2017年11月 5日 (日)

「ジャズ100年のヒット曲」Anniversary of Jazz を聞く!

photo

「ジャズ100年のヒット曲」Anniversary of Jazz を聞きました。2枚組CDで曲の構成は以下の通りです。

  • Disk 1 (Jazz Originals)
    1. Don't Know Why/Norah Jones
    2. Misty/Erroll Garner
    3. Maiden Voyage/Herbie Hancock
    4. Waltz for Debby/Bill Evans
    5. St. Thomas/Sonny Rollins
    6. Moanin'/Art Blakey and the Jazz Messengers
    7. Now's the Time/Charlie Parker
    8. Cleopatra's Dream/Bud Powell
    9. The Sidewinder/Lee Morgan
    10. Spain/Chick Corea
    11. The Girl from Ipanema/Stan Getz
  • Disk 2 (Jazz Standard)
    1. April in Paris/Count Basie
    2. Sing, Sing, Sing/Benny Goodman
    3. Take the "A" Train/Clifford Brown and Max Roach
    4. Say It (Over and Over Again)/John Coltrane
    5. What a Wonderful World/Louis Armstrong
    6. Autumn Leaves/Cannonball Adderley
    7. Days of Wine and Roses/Oscar Peterson
    8. You'd Be So Nice to Come Home to/Helen Merrill
    9. My Funny Valentine/Chet Baker
    10. A Lover's Concerto/Sarah Vaughan
    11. Unforgettable/Nat "King" Cole
    12. The Look of Love/Diana Krall
    13. Mack the Knife/Ella Fitzgerald
    14. Satin Doll/McCoy Tyner

1917年というのは、オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンドが初めて「ジャズ」という単語を明記した商業用レコードを録音したらしく、これがジャズの起源として考えられているそうです。上のように、流石に比較的新しい、というか、どうしても音源の関係だと思うんですが、モダンジャズからコンテンポラリー中心に、豪華なコンピレーション・アルバムとなっています。ただ、理由は不明ですが、Bluesette に収録されている Five Spot after Dark が抜けているのは私には理解不能です。アルバムCD1枚に縮められても収録すべき名曲です。それから、女性ボーカルが多く収録されているのは日本人の好みなんだろうと理解しています。冒頭のノラ・ジョーンズとか、ダイアナ・クラールなんて、サラ・ボーンやエラ・フィッツジェラルドと並べて聴くような名曲なんでしょうか。私には判りかねます。エラの「マック・ザ・ナイフ」は貴志祐介の『悪の教典』で、 蓮実がよく口ずさんでいた曲だとされていて、下の倅と私で図書館からCDを借りて聞いた記憶があります。このCDに収録されているベルリンでのライブだったハズです。

|

« 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! | トップページ | インテージ調査による「スマートテレビのログデータから見た都道府県別視聴実態」の結果やいかに? »

コメント

マイルス・デイビスやセロニアス・モンクが入っていないのは不公平かなとも思います。まあ、編集者の趣味なんでしょうね。まあ、Autumn Leaves/Cannonball Adderleyなんてマイルスが主役ではありますが。

投稿: kincyan | 2017年11月 6日 (月) 19時25分

>Autumn Leaves/Cannonball Adderleyなんてマイルスが主役ではありますが。

そうなんでしょうね。マイルスで選ぶとすれば、Kind of Blue 当たりかという気もします。モンクは考えが至りませんでした。むしろ、ピアニストなら、キース・ジャレットは約30年続くレギュラー・トリオの演奏で、コンスタントに平均以上の80点を出しているにもかかわらず、飛び抜けた出来の曲がないので取り上げられていないのか、と思っていました。ピアニストの場合、ホレス・シルバーは、トミー・フラナガンは、レッド・ガーランドは、と言い出せばきりないので、バド・パウエルにプラス・アルファで抑えたんだろうと思います。

投稿: ポケモンおとうさん | 2017年11月 8日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/72138051

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズ100年のヒット曲」Anniversary of Jazz を聞く!:

« 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! | トップページ | インテージ調査による「スマートテレビのログデータから見た都道府県別視聴実態」の結果やいかに? »