« 今週の読書は経済関連の本も多く計9冊! | トップページ | 貿易統計に見る我が国の輸出は順調に拡大中! »

2017年11月19日 (日)

小曽根真 Dimensions を聞く!

photo

我が国を代表するジャズ・ピアニストのひとりである小曽根真の最新アルバム Dimensions を聞きました。今年2017年8月のリリースで、収録曲は以下の通りです。すべて小曽根自身のオリジナルであり、最後の9曲目は for Bill Evans とされていて、同名のアルバムがバイブのゲイリー・バートンとのデュエットで出ており、私は聞いたことがあります。

  1. Dues
  2. Wishy Washy
  3. Mirror Circle
  4. Silhouette
  5. Flores do Lírio
  6. M.C.J.
  7. Angel's Tear
  8. Tag Me, Tag You
  9. Time Thread

20年ほど前からそうなんですが、このアルバムも「小曽根真 The Trio」としてクレジットしています。ジャズの場合はトリオといえば、ほぼほぼピアノ・トリオなんでしょうが、自分自身で The Trio と称しているのは、私の印象では、キース・ジャレットのトリオ、すなわち、ベースのゲイリー・ピーコックとドラムスのジャック・デジョネットのトリオが思い浮かびます。1980年代からですので、30年をはるかに超えたトリオとしての音楽活動ではなかろうかと思います。ということで、前置きが長くなりましたが、やはり安定した実力を聞かせてくれます。ライナー・ノートは小曽根自身が書いており、20年を超える The Trio の活動を振り返り、ライブを推奨している一方で、この10年振りのレコーディングもなかなかの出来栄えです。ジャズ・ピアニストとして、ビル・エバンスにとって重要だったのが、短期間ながらスコット・ラファロが務めたベーシストであったように、小曽根にとってはドラマーのペンの役割が大きいような気もします。いずれにせよ、70歳を超えたキース・ジャレットに対して、小曽根はまだ50代半ばですから、今後ますますの活躍を期待しています。

|

« 今週の読書は経済関連の本も多く計9冊! | トップページ | 貿易統計に見る我が国の輸出は順調に拡大中! »

コメント

私は、全く保守的で1955年から1965年くらいまでのアメリカのジャズしか聴きませんが、ポケモンおとうさんは、幅広くお聴きになっておられますね。私も、少し聞く範囲を広げないといけないなと思っています。

投稿: kincyan | 2017年11月20日 (月) 18時40分

もちろん、コルトレーンがフリーを始めるまでの米国のモダンジャズがピカイチであることは言を待ちません。でも、我が国のジャズメンもナベサダだけではなく、いっぱいいるんだろうと思います。特に、小曽根と上原ひろみのピアノは聞いておく値打ちがあります。

投稿: ポケモンおとうさん | 2017年11月20日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/72245264

この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真 Dimensions を聞く!:

« 今週の読書は経済関連の本も多く計9冊! | トップページ | 貿易統計に見る我が国の輸出は順調に拡大中! »