« 消費者態度指数は2か月連続で上昇し基調判断は「持ち直し」へ! | トップページ | 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! »

2017年11月 3日 (金)

米国雇用統計は先月のハリケーンの反動で雇用者の大幅増を記録!

本日、米国労働省から10月の米国雇用統計が公表されています。非農業雇用者数は前月統計から+261千人増と、市場の事前コンセンサスだった+300千人超の増加には及びませんでしたが、先月の雇用統計に大きな影響を与えたハリケーンからのリバウンドで大きく増加を示しています。他方、失業率は前月からさらに▲0.1%ポイント下がって4.1%を記録しています。いずれも季節調整済みの系列です。まず、長くなるのを覚悟の上で、Los Angeles Times のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

U.S. employers add 261,000 jobs in October as hiring rebounds following hurricanes
U.S. employment snapped back last month after Hurricanes Harvey and Irma depressed payrolls in September, suggesting that the long expansion in the labor market remains solid, according to government data released Friday.
The nation's jobless rate fell a notch further in October, to a 17-year low of 4.1%, although not for the right reason: There was a large drop in the size of the labor force.
The unemployment figure has fallen sharply this year, from 4.8% in January. But even as the labor market has tightened, wage growth has remained stubbornly subdued.
Average hourly earnings for all private-sector workers dropped a penny in October, to $26.53, after jumping 12 cents in the prior month. Over the last 12 months, average pay for workers has risen just 2.4%.
Last month's job growth of 261,000 was less than the 310,000 or so that analysts were expecting, but the September payroll change was revised higher - from a loss of 33,000 jobs initially reported to a small gain of 18,000. Job growth for August also was stronger than previously estimated.
Taking the last three months together, employers added on average 162,000 jobs a month. That is down slightly from last year and the first half of this year, but still well above what's needed to absorb the natural increase in the workforce population.
The storms that swept Texas and Florida took a particularly big toll on employment at restaurants and bars, but most of those losses were reversed last month as workers returned to their jobs.
There was also robust hiring last month at higher-paying professional and business services. Healthcare had a solid month, and manufacturing employment rose by 24,000 across various industries. Manufacturing has added 156,000 jobs since last November, the Labor Department said.

長くなりましたが、金融政策動向も含めて、包括的によく取りまとめられている印象です。続いて、いつもの米国雇用統計のグラフは下の通りです。上のパネルは非農業部門雇用者数の前月差増減の推移とそのうちの民間部門、下のパネルは失業率です。いずれも季節調整済みの系列であり、影をつけた部分は景気後退期です。全体の雇用者増減とそのうちの民間部門は、2010年のセンサスの際にかなり乖離したものの、その後は大きな差は生じていません。

photo

要するに、9月統計におけるハリケーンの雇用への悪影響のリバウンドが10月統計に出たわけで、さらに加えて、9月統計も非農業部門雇用者数の前月差がマイナスからプラスに上方修正されていますので、9月の雇用者増+18千人と10月の+261千人をならせば、月当たりで約+140千人増ということになります。少しさかのぼってみて、8月の+208千人増には及びませんが、7月の+124千人像を超えた水準といえます。例えば、ハリケーンの影響をもっとも強く受けた産業のひとつである Leisure and hospitality では、9月が▲102千人減の後、10月統計では+106千人増と見事なリバウンドを見せています。ですから、この9月と10月をならしてみた雇用者増と失業率の水準を考え合わせると、おそらく、米国連邦準備制度理事会(FED)が12月の公開市場委員会(FOMC)で利上げ、という市場の予想になるんだろうという気がします。ひょっとしたら、パウエル理事の次期議長への指名も隠し味になっているのかもしれません。

photo

最後に、時間当たり賃金の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです。ならして見て、底ばい状態を脱して少し上向きに転じつつも、もう一段の加速が見られないと考えられてきましたが、それでも、10月は前年同月比で+2.4%の上昇を見せています。日本だけでなく、米国でも賃金がなかなか伸びない構造になってしまったといわれつつも、物価上昇を上回る賃金上昇が続いているわけですから、生産性の向上で物価に波及させることなく賃金上昇を吸収しているとはいえ、金融政策の発動が必要とされる場面なのかもしれません。

|

« 消費者態度指数は2か月連続で上昇し基調判断は「持ち直し」へ! | トップページ | 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20840/72129749

この記事へのトラックバック一覧です: 米国雇用統計は先月のハリケーンの反動で雇用者の大幅増を記録!:

« 消費者態度指数は2か月連続で上昇し基調判断は「持ち直し」へ! | トップページ | 今週の読書はなぜか大量に8冊を読み切る! »