« 今週の読書は経済の学術書から小説まで計8冊!!! | トップページ | 引き続き+1%をキープする企業向けサービス価格指数(SPPI)上昇率! »

2019年2月24日 (日)

日本気象協会による2019年桜開花予想やいかに?

photo

先週2月21日に、日本気象協会から2019年桜開花予想が明らかにされています。上の画像はいわゆる桜前線です。日本気象協会のサイトによれば、ポイントは以下の3つのようです。

2019年桜開花予想
  • ◆開花が最も早いのは、福岡で3月16日!
  • ◆名古屋3月19日、東京20日、大阪22日に開花予想!
  • ◆3月前半にかけて全国的に気温が高く、開花は平年より早い!

最後のポイントに見られるように、2019年の桜の予想開花日は、今冬が暖冬だったことなどから全国的に平年より早いところが多く、九州の一部を除いて平年より2日から1週間ほど早い見込みだそうです。

|

« 今週の読書は経済の学術書から小説まで計8冊!!! | トップページ | 引き続き+1%をキープする企業向けサービス価格指数(SPPI)上昇率! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本気象協会による2019年桜開花予想やいかに?:

« 今週の読書は経済の学術書から小説まで計8冊!!! | トップページ | 引き続き+1%をキープする企業向けサービス価格指数(SPPI)上昇率! »