« 今週の読書は文庫本の海外ミステリをいくつか読んで計8冊!!! | トップページ | 5か月振りに黒字を記録した貿易統計の先行きをどう見るか? »

2019年3月17日 (日)

日本気象協会による2019年第4回桜開花予想やいかに?

photo

先週の木曜日3月14日付けで、日本気象協会から2019年の第4回桜開花予想が明らかにされています。日本気象協会のサイトから、今年の桜開花のポイントを3点引用すると以下の通りです。

2019年桜開花予想
  • ◆開花が最も早いのは、福岡や愛媛県宇和島で3月18日、東京は21日の予想
  • ◆満開のトップは高知と愛媛県宇和島で3月29日、東京は30日の予想
  • ◆3月は全国的に気温が平年より高く、桜の開花・満開とも平年より早い

日本気象協会では、この冬は寒気の流れ込みが持続せず暖冬となった上に、来週から4月上旬にかけて気温は平年より高く、開花・満開ともに平年より早いと予想しています。ただ、今週末にかけて寒の戻りとなることから、関東を除く多くの地域で前回第3回の桜開花予想よりは1日から3日遅くなっているようです。

|

« 今週の読書は文庫本の海外ミステリをいくつか読んで計8冊!!! | トップページ | 5か月振りに黒字を記録した貿易統計の先行きをどう見るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本気象協会による2019年第4回桜開花予想やいかに?:

« 今週の読書は文庫本の海外ミステリをいくつか読んで計8冊!!! | トップページ | 5か月振りに黒字を記録した貿易統計の先行きをどう見るか? »