« 消費税率引き上げで撹乱される景気ウォッチャーと黒字が続く経常収支! | トップページ | 前月比で2か月連続で減少したコア機械受注と国内物価のマイナス幅が1%を超えた企業物価(PPI)! »

2019年10月 9日 (水)

クラリベイト・アナリティクスによる引用栄誉賞やいかに?

今週月曜日からノーベル賞ウィークが始まり、すでに、医学生理学賞、物理学賞が公表されていますし、今夜は化学賞の公表、明日は2年分の文学賞の公表と目白押しです。その中で、経済学賞が来週月曜に公表される運びなんですが、クラリベイト・アナリティクスによる引用栄誉賞 Clarivate Analytics Citation Awards が9月24日付けで明らかにされています。ノーベル賞との連動性が高いといわれており、というか、自称していますが、経済学分野は以下の3分野の4人となっています。

nameaffiliatecontribution
W. Brian ArthurExternal Professor, Santa Fe Institute, Santa Fe, New Mexico; Fellow, Center for Advanced Study in the Behavioral Sciences, Stanford; and Visiting Researcher, System Sciences Lab, PARC, Palo Alto, California, United States.For research exploring the consequences of increasing returns (or network effects) in economic systems. We recognize Arthur for describing how small events and positive feedback loops act over time to lock an economy into the domination of one player out of several possible. Arthur has also combined the new science of complexity research with economics to show how an economy functions when its players face ill-defined problems and an ever-changing system, and are unable to act with perfect rationality.
Søren JohansenProfessor Emeritus, Department of Economics, University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark.For contributions to econometrics and cointegration analysis.
For developing the cointegrated VAR (vector autoregressive) method, which provides a flexible framework to study short- and long-term effects in economic time-series data. The method helps economists avoid confirmation bias in their analyses.
Katarina JuseliusProfessor Emerita, Department of Economics, University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark.
Ariel RubinsteinProfessor, School of Economics, Tel Aviv University, Tel Aviv, Israel, and Professor, Department of Economics, New York University, New York, United States.For development of formal theoretical economic models and especially models of bounded rationality, including his model of bargaining, which has had profound influence in Economics.

中断のヨハンセン教授とそのお弟子さんのジューセリウス教授については、時系列変数の共和分に関する検定について、その昔に論文を読んでヨハンセン検定を使った記憶があります。でも、ほかのお二人については、聞いたことがあるような気がしますが、よく判りません。官庁エコノミストを定年退職してはや半年になり、経済とはまだお付き合いがあるものの、経済学との関係は日々に薄くなっていくのかもしれません。さて、来週月曜日の発表ではどうなるんでしょうか?

|

« 消費税率引き上げで撹乱される景気ウォッチャーと黒字が続く経常収支! | トップページ | 前月比で2か月連続で減少したコア機械受注と国内物価のマイナス幅が1%を超えた企業物価(PPI)! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消費税率引き上げで撹乱される景気ウォッチャーと黒字が続く経常収支! | トップページ | 前月比で2か月連続で減少したコア機械受注と国内物価のマイナス幅が1%を超えた企業物価(PPI)! »