« 今週の読書は忙しい中でやや毛色の変わった経済経営書から小説まで計7冊!!! | トップページ | 消費税率の引上げで大きなマイナス成長を記録した昨年2019年10-12月期のGDP統計1次QE!!! »

2020年2月16日 (日)

引越しと転職に際してイメージチェンジを考える?

3月中に関西に引越して、4月から新しい職場に転職、というか、再就職するに当たって、イメージチェンジを考えないでもありません。というのも、下の倅は大阪に引越して大学生になるに際して、特段の変化は見せなかったんですが、上の倅は大学を卒業して就職する際、髪型を変えてメガネもコンタクトに変更したりしていました。もちろん、服装も出勤の際は、私は見たことありませんが、スーツにネクタイなんだろうと思います。
ということで、私もイメチェンを考えると、まず第1に、髪型です。実は数年前に、役所の後輩が、やっぱり、大学の教員になる直前に髪を丸刈りにしたことがありました。それなりの年齢に達して髪の毛が細くなったり、やや薄毛になったりするのはあり得ることで、一時、役所の研究所で丸刈りにする男性が何人か出たのも事実です。しかし、私は60年余りの生涯で未だかつて頭を丸刈りにしたことがなく、抵抗が大きいと感じました。もちろん、長髪も想定外です。第2に、髪型と同じような顔の造作を考えて、ヒゲはどうかという気もしました。しかし、これも10年余前に試みた経験があるんですが、私の場合、髪の毛について頭頂部が薄くなってはいるものの、まだかなり黒っぽく見える一方で、10年余前ですらヒゲはほとんど白髪でした。従って、これも諦めた方がよさそうな気がします。第3に服装です。実は、10年近く前まで私は統計局で本省課長を務めており、その際は、通常のサラリーマン的なスーツにネクタイでした。でも統計局勤務を終え、国立の研究機関を経て親元官庁の研究所に戻って、最終的に定年退職するまで研究職が長く、すっかり、ズボンは細身のチノパンで、トップスは、アイロンもかけないヨレヨレのオックスフォードのボタンダウシャツにノーネクタイ、それにユニクロあたりのソフトジャケットを羽織る、というスタイルになってしまいました。クツもその昔のリーガルのビジネスシューズではなく、さすがにスニーカーではないものの、適当な合成皮革のカジュアルシューズを愛用しています。平気で役所にデザートブーツを履いていったりします。大学教員であれば、ジーンズにスニーカーでもOKそうな気がしますから、さらにドレスダウンする余地は残されているものの、大きな変化でもなさそうです。
従って、見た目の変化は大きくなさそうなんですが、ひとつふたつ、プールで泳ぐ際のスイムキャップは、トリコットからシリコンゴム製に買い替えました。見た目の変化とともに、髪の毛へのダメージを小さくしたいと考えています。それから、年齢とともに腰痛や肩こりがひどくなり、今までリュックを片肩だけでかけていたのを、両肩にかけるようにしようとも考えています。ともに小さな変化です。しかし最後に、見た目ではないんですが、言葉がネイティブの関西弁に戻りそうです。というのも、私は独身のころ浅草にほど近い大関横丁や三ノ輪橋あたりのアパートを借りていて、チャキチャキの下町言葉を駆使します。意識しないと「まっすぐ」とはいえず、「まっつぐ」になってしまいます。言葉は生まれ故郷の関西に引越せば、関西弁にムリなく戻りそうな気がします。

|

« 今週の読書は忙しい中でやや毛色の変わった経済経営書から小説まで計7冊!!! | トップページ | 消費税率の引上げで大きなマイナス成長を記録した昨年2019年10-12月期のGDP統計1次QE!!! »

コメント

私の輪友は、まあ自転車通勤の大学の先生なんですが、白い髭で、サイクルウェアです。夏は半ズボン、冬はワークマンの長ズボンで教壇にたってますよ。学生も気にしてはいないようです。スーツ姿の先生は少ないようですね。関西に帰れるのは羨ましいです。

投稿: kincyan | 2020年2月16日 (日) 19時12分

実は、私も前の教員の時はまるで工学部の先生のように白衣を着込んだりしていたんですが、今回も同じく経済学部なんですが、やっぱり白衣にしようかと考えないでもありません。ただ、キャンパスが滋賀県湖南地方ですので、生まれ故郷の京都から自転車で通うのは東山越えになって、私の脚力では苦しそうな気がします。

投稿: ポケモンおとうさん | 2020年2月16日 (日) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の読書は忙しい中でやや毛色の変わった経済経営書から小説まで計7冊!!! | トップページ | 消費税率の引上げで大きなマイナス成長を記録した昨年2019年10-12月期のGDP統計1次QE!!! »