« 楽天インサイトによる「在宅勤務に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? »

2020年6月 3日 (水)

帝国データバンクによる「速報 新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査 (2020年5月)」やいかに?

毎月、<速報>付きとそうでない2つのバージョンの「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」が帝国データバンクから明らかにされていますが、5月の<速報>バージョンが一昨日の6月1日に出ています。同時にアップされているpdfの全文リポートからグラフを引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo

見れば判るんでしょうが、上のグラフはリポートから 業績に『マイナスの影響がある』割合 を引用しています。これも見れば判りますが、月次推移でプロットしてあります。「既にマイナスの影響がある」が62.8%と6割を越えましたが、他方で、「今後マイナスの影響がある」は23.3%と減少に転じており、この2つの回答の合計を『マイナスの影響がある』として定義し直すと、86.1%と極めて高率ながら5月は4月から少し低下を示しています。すでにピークアウトしたかどうかは、現時点で判断するのはやや早計な気もしますが、この4~5月あたりがピークの可能性は高いと感じているのは私だけではないような気がします。「マイナスの影響」の水準にもよりますが、この先、かなり長期に渡ってこのマイナスの影響は残ると感じているエコノミストも私だけではないような気がします。

|

« 楽天インサイトによる「在宅勤務に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽天インサイトによる「在宅勤務に関する調査」結果やいかに? | トップページ | 来週公表予定の1-3月期GDP統計速報2次QEは1次QEからやや上方改定か? »