« ウェザーニュースの「紅葉見頃予想」やいかに? | トップページ | 30年ぶりの上昇率を記録した消費者物価指数(CPI)をどう見るか? »

2022年9月19日 (月)

台風14号の影響やいかに?

昨日9月18日の午後に九州に上陸した台風14号が東寄りに進路を変え、今朝の時点では九州北部にあります。現時点では、関西には雨も降っておらず、風も殆ど吹いていませんが、夕方から明日にかけて日本海側が直撃されそうな雰囲気です。どうも、三連休のお天気は思わしくありません。実は、明日の9月20日午後、まさに、台風14号が関西を通過し終えたころのタイミングで教授会が開催される予定となっています。日本気象協会のサイトの情報に従えば、明日午後は関西では雨も暴風もピークを超えているとのことですが、他方で、「西日本は影響が長引くおそれ」とも指摘しています。台風一過となっているでしょうか。下の画像はウェザーニュースのサイトから台風の進路予想を引用しています。

photo

今年度が明けて4月から教授会は、会議室に集まって原則対面で開催される回と、対面ではなくオンラインが原則あるいは可能とされる回に分かれているのですが、何と、明日の教授会は原則対面の回となっているようです。基礎疾患あったりする教員などはオンライン出席を認められるそうですが、私は該当しません。三連休は週後半にもう1回あるのでいいとしても、少なくとも私のようなヒラ教授には、教授会の日程は動かしようがありません。

|

« ウェザーニュースの「紅葉見頃予想」やいかに? | トップページ | 30年ぶりの上昇率を記録した消費者物価指数(CPI)をどう見るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウェザーニュースの「紅葉見頃予想」やいかに? | トップページ | 30年ぶりの上昇率を記録した消費者物価指数(CPI)をどう見るか? »