2020年11月27日 (金)

NHK朝ドラ「エール」最終回の再放送を見終える!!!

NHK朝ドラ「エール」の最終回の再放送を見終えました。
久々にとても高評価の朝ドラでした。昨年度前期の「なつぞら」もよかったんですが、広瀬すずの主演以外のストーリーはイマイチでしたし、「エール」は最近の朝ドラでは出色の出来だった気がします。
今日の最終回では、やっぱり、本職というか、森山直太朗と山崎育三郎の「栄冠は君に輝く」が何といっても最高でしたが、豊橋の馬具職人役だった吉原光夫の「イヨマンテの夜」がとっても上手で響き渡って、少しびっくりしました。

さて、年度後半の杉咲花主演の「おちょやん」やいかに?

| | コメント (0)

2020年11月22日 (日)

寒くなった週末はダウンがいっぱい!!!

先週は、雨の降った金曜日を別にすれば、いいお天気が続いて陽射しもあり、雨の金曜日も含めて気温が上がりました。でも、昨日から気温が下がり、このまま季節が進む実感があります。今日も昨日よりさらに気温が下がった気がします。街中はダウンがいっぱいでした。ウルトラライトダウンが中心でしたが、ロング丈のウエストから下を広げたおばさんダウンも見かけました。私は、どこかの商標になっているらしいウルトラライトダウン®は持っていなくて、モコモコのダウンしか持ちつけていません。何と、実は、高校生のころに親に買ってもらったものを、物持ちよくまだ着ています。今日、昔の写真を探したら、6年近く前の2015年正月の初詣の写真で着ていました。その時、なぜか時代を先取りして、上の倅がマスク姿で写真に収まっていました。

photo

ということで、私はまだ丈の短いフリースジャケットです。上の写真の通りです。安物のデジカメで撮ったので表現力が不足していますが、とても鮮やかなレモン・イエローです。その昔の定年前に、役所の研究所に来て行ったら、この色のフリースはどこで売っているのか、と質問されたことがあります。ハイ。ウルトラライトダウン®を商標にしているユニクロです。質問されたのは数年前ながら、最近、山科のユニクロの店舗に行ったところ、確かに、ここまで鮮やかなレモン・イエローは売っていませんでした。というか、紺とか、チャコールとかの落ち着いた濃い色が多かった気がします。さらに、私はほとんどがプレーンなフリースなんですが、ファーリーフリースの方が色の品ぞろえがよかった気もします。

モコモコのダウンがまた流行るかどうかはまったく自信がありませんが、還暦を過ぎて段々と最新ファッションから遅れて、そのうちに周回遅れの先頭に立ってしまいそうな気すらします。

| | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

ガスファンヒーターを買ったが活躍の機会はまだ先か?

photo

先週半ばに気温が急に下がって、還暦を超えた身としては寒い冬はツラいところで、急遽、ガスファンヒーターを買い込みました。しかし、昨日や今日は典型的ですが、最高気温が20度を上回って、こういったストーブの出番はありません。今週は一般に気温が高そうで、ガス暖房の出番はもう少し先になりそうです。地球温暖化は関係あるんでしょうか。実は、青山の公務員宿舎に入っていたころはガスストーブが使えたんですが、そのころから8年ぶりのガス暖房です。役所を定年退職して大学に再就職し、京都に引っ越す際の住宅探しの私の最重点要望項目が、ガス暖房が使えるという点でした。というのは、我が家では住宅の決定はカミさんの専管事項となっています。まあ、住宅に限らず、私の稼ぎをカミさんが使う、というのが我が家の掟です。
ところで、今冬はラ・ニーニャの影響で冬は寒くなるというらしいです。天候は別として、私はスペイン語は理解するんですが、「ラ・ニーニャ」はよく判りません。「エル・ニーニョ」は明らかです。スペイン語では el niño です。英語に直訳すれば、the child であり、まさに「父なる神と子なるイエスと精霊」の三位一体の「子」であるイエス・キリストに他なりません。でも、la niña は単純化すれば el niño の女性形なんですが、それが何を意味するのかは、私には理解できません。マリアなのかもしれません。

| | コメント (2)

2020年11月11日 (水)

色づくキャンパス!!!

キャンパスの研究棟です。手前のイチョウなどはすっかり色づいています。


 


photo

 


私は何と週に6コマ、教授会がある火曜日以外はすべて授業を持っていたりします。授業負担が重いと文句ばっかりいっている割には、お手軽に論文を書いたりしています。ただ、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のせいで、授業以外にスポーツ施設を開放していないのが残念です。特にプールの利用が早く開放されると有り難いと感じています。

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

ユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語やいかに?

photo

やや旧聞に属する話題ながら、11月5日にユーキャン新語・流行語大賞のノミネート語が30ほど明らかにされています。まあ、当然ながら、「アベノマスク」、「クラスター」、「3密」などの新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関係するキーワードがいくつか入っているのが目立つような気がします。大賞ほか、トップテンは12月1日に発表の予定だそうです。ややどうでもいいことながら、昨年はノミネート語が50あったような気がするんですが、私の記憶違いでしょうか?

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

本格的に寒くなる11月が始まる!!!

今日から11月が始まりました。和名では霜月ということになりますが、10月が神無月だけに、以下のように、11月を「神帰月」、「神来月」、「神楽月」などとも呼ばれているそうです。下の画像はウェザーニュースのサイトから引用しています。

 

photo

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

今年の紅葉の見ごろやいかに?

photo

BODY:先週10月15日に、日本気象協会から2020年紅葉色づき予想<第2回>が明らかにされています。日本気象協会のサイトから引用した上の画像の通りです。
今年の予想はずばり遅い、ということのようです。紅葉の見ごろは、秋(9~11月)の気温が低いと早まり、高いと遅れるとのことで、これから11月までの気温は全国的に平年並みか高く、朝晩の冷え込みも平年に比べ弱いと予想されていることから、遅いという結論のようです。上に見える通り、京都の嵐山は11月下旬が見ゴロらしく、まだ先、という感じかもしれません。

| | コメント (2)

2020年10月11日 (日)

台風14号のゆくえやいかに?

photo

今回の台風14号をはじめ、台風や災害で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
上の画像はウェザーニュースのサイトから引用しています。日本列島の南岸をかすめて東に進んだ台風14号(チャンホン)の進路予想図です。この台風により、伊豆諸島などに大雨をもたらされ、昨日は気象庁から特別警報が出たりしました。ただ、まあ、誠に自分勝手な見方ながら、我が家からはかなり遠ざかり、明日朝までには熱帯低気圧に変わる見込みとされていて、関西方面は台風一過でいいお天気が戻って気温も上がっています。
それにしても、台風が来るたびに、極めて大型とか、過去最大級とか、大きな被害を発生させかねない雰囲気が強くなっている気がします。私は専門外のシロートながら、建物はその昔より丈夫になっているハズですから、地球温暖化や気候変動の影響と見なさざるを得ないと受け止めています。

| | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

後期授業が始まる今週は季節が進む!!!

photo

今週は、関西では季節が進むようです。上の週間予報の画像は日本気象協会のサイトから引用しています。ここ数年の季節のめぐりの特徴のひとつとして、私が感じるのは、暑い夏と寒い冬が長くなって、過ごしやすい春と秋がとても短い、ような気がします。今年の夏は猛暑でしたが、冬はどうなんでしょうか?

| | コメント (2)

2020年9月22日 (火)

大学院の学位授与式に出席する!!!

今日は、本来は、春分の日の祝日なのですが、休日出勤をして大学院の学位授与式に出席しました。もちろん、大学・大学院をはじめとする国内の多くの学校の卒業式は3月なんですが、海外からの留学生など秋入学の院生もいて、決して人数は多くないものの、秋卒業の院生への修士学位授与式がありました。留学生が大半ですので、基本は英語での式典進行です。学位を授与された院生代表のスピーチの他に、出席している教員全員なんだろうと思いますが、教員からの贐のスピーチもありました。たぶん、担当院生がいないにも関わらず「枯れ木も山のにぎわい」で出席していたのは私だけのような気がしましたが、私も英語でスピーチをしておきました。長崎大学に勤務していたころから、私はこういった式典には教員として出来るだけ出席するようにしています。
一応、よく考えれば当然ながら、出席した男性教員はほとんどがネクタイにスーツでした。おそらく、自宅ではないかと思われるオンライン出席の教員も、何と、ネクタイにスーツでした。私も、一応、ペラペラのソフトジャケットにネクタイはしていきましたが、相変わらず、服装のリテラシーは一番低かったような気がします。そういえば、その昔の倅の入学式に校長先生がモーニングだったことも思い出してしまいました。教員にとって、入学式や卒業式はそれだけ重要なのだろうと、改めて実感しました。他方、卒業して学位を授与された留学生諸君は、いかにも民族衣装といった趣きの服装の院生も少なくなかったです。ですから、カメラでバチバチ写真をいっぱい撮っている人も少なくなかったのですが、私は、これも倅の運動会などの経験から、そういった写真をネットにアップするのは自粛していますので、ヤメにしておきました。

なお、どうでもいいことながら、秋季の卒業式があるんですから、秋季の入学式もあるんでしょうが、春季の入学式が中止になったのに続き、秋季はごく限られた関係者のみの出席の式典となるようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧